ブログ

外壁の塗装

2017/3/29(水)

今日は外壁の塗装作業のご紹介です。

最初に高圧洗浄で汚れや旧塗膜を落とします。

次に、窓やドアなど、塗らないものを塗料で汚さないようにテープやビニールで覆う養生作業をします(窓枠やドアによっては塗装可能なものも有ります)

養生作業後、壁のひび割れやシーリング(壁や窓枠などの繋ぎ目に有ります)の劣化補修をします。

そして、壁の下塗り作業をします。(上の写真は下塗り作業時のものです)今回は壁の部材に適した微弾性フィーラーという塗料を使用しました。この塗料は文字のごとく、弾力性のある塗料で、壁の小さなひび割れくらいならふさいでくれます。

下塗りが終わったら中塗り作業です。今回は水性シリコン系塗料を使用しました。

今回の塗料の特徴は

1、高耐性(雨や紫外線などの壁を劣化させるものに効果的)

2、水性なので引火しない、油性塗料に比べて低臭

3、微弾性フィーラーの仕上げ材として最適

などです。

最後に中塗りと同じ塗料をもう一度塗布して仕上げます。

その他にも付帯部など、塗装する作業をして、養生をはがして、お掃除をして終了です。

ブログ最新記事一覧



ブログ記事一覧へ



ページトップ