ブログ

アパートの鉄柵の塗装

2017/5/24(水)

今日はアパート玄関回りの鉄柵を塗装しました。

上の写真が塗装前です。錆や劣化がひどく、草木も巻き付いていました。

草木を取り除き、高圧洗浄で汚れをしっかりと落としてから研磨をして錆をできる限り落とします。

建物の鉄部にでる赤褐色の錆を赤錆と言います。この赤錆は鉄が水や湿った空気にさらされる事で酸化が進行して発生します。

赤錆がでた鉄部には仕上げ用塗料を塗るだけではすぐにまた錆が出てきてしまいます。しっかりと下地を整えてから錆止め塗料を塗って、最後に仕上げ用塗料を塗るのが良いと思います。

錆止め塗料は出た錆の進行を止めるというよりは錆の発生を防ぐ効果(防錆)があります。仕上げ用塗料の密着性を高める効果もあります。

出た錆にはしっかりと下地を整えて厚い塗膜をつくり雨と湿気を防ぐのが効果的です。(厚すぎでも駄目ですが。)

今回は研磨して割れている箇所を埋めてから錆止め塗料を塗り、仕上げ用塗料を二回塗りました。

どんなに丁寧に作業をしても経年劣化により錆はまた出てきます。少し錆が出てきたら早めにメンテナンスをした方が長持ちします。

ヤマトリフォームには取り扱い資格が限られる鉄部用下塗り材が有ります。

興味のある方は是非、お声がけ下さい。

実際の効果がわかる暴露実験データと実物を用いてご説明いたします。

ブログ最新記事一覧



ブログ記事一覧へ



ページトップ