外壁塗装と屋根塗装の必要性

建物自体の耐用年数と外壁や屋根のペンキの耐用年数は異なるため、お家の歴史と共にメンテナンスが必要となってきます。住宅の耐用年数は「30年」と言われていますが、外壁の場合は…
5年から10年と言われています。
(塗料や塗装面の材質にもよります。)

外壁塗装と屋根塗装の役割として、第一に雨や風、紫外線やほこりなどからお家を守る効果があります。
しかしそれと同時に、自然の厳しい環境(外的要因)により、塗装はどんどん劣化していきます。

心地良く健康に、そして、安全に暮らすためには、

外壁と屋根の塗替えが必要なのです。



もし一度も塗替えをしなかった場合は、住宅の耐用年数は残念ながら、30年持たないこととなるでしょう。


気を付けてください!塗装のタイミング

どんなに立派な家も塗装のタイミングを逃すと取り返しのつかない事になってしまいます。
鉄部などは一度錆びてしまうとどんなに塗装で固めてもすぐに剥げてしまいます。
どんな現場も私たちができる最大限の施工をやらせていただきますが、どうにもならない場合は現場調査の時点で正直に説明致します。

大切なお家を守るためにご自身で確認できる事がありますので、こちらをご覧ください。



塗り替え時期の目安


ページトップ