熱交換塗料です!!
そのお悩み、熱交換塗装タフコートプラスで軽減できます!

熱交換塗装を用いた施工のメリット





タフコートプラスは、太陽の熱を反射させるのではなく消す

タフコートは新たな熱交換という考え方から生まれた技術で、熱を振動による運動エネルギーに返変換し、遮熱(25℃になるまで)する仕組みです。日中だけではなく、夜間中も熱消費活動し、24時間消熱効果を発揮します。


熱交換塗装 タフコートプラスと遮熱塗料の違い

剥がれない限り半永久的に機能が続きます。 遮熱塗料は、光の反射で温度を下げているため、ほこりが溜まれば反射率が下がり機能しません。 それに対し熱交換塗料は、熱エネルギーを運動エネルギーに変換し消熱するため汚れや色なども全く関係ありません。




熱交換塗装は 夏場に涼しくなりますが 冬場は5度以下になると反応し、それ以上温度を下げないように働きます。 雪がほどんど積もらない、また積もりずらいのです。 遮熱塗料の場合は温度に影響する紫外線を跳ね返すため、必然的に寒くもなります。 夏場の温度を下げれば冬に光熱費が上がってもメリットの方が大きいと言う理論ですが 冬場も光熱費を下げられれば、どちらを選ぶか考える必要もないような気がします。 そしてコスト面のメリットだけでなく、雪の被害や凍結被害から守れるという点で安全に大きく寄与します。




熱交換塗料は、水性塗料でありながら、耐久性は最高グレードの1種です。『耐久性のグレードは1種-3種で、1番長く持つのが1種と称されます。』 機能だけでなく耐候性も長い。 そして密着係数はテニスコートのハードコートに塗られている塗料の1.5倍です。 これは実はペンキ屋からすると驚愕の数字なんです。




反射型塗料と違い、濃色も選べます。つまりデザイン性も自由に決定できるのです。基本的にいろは黒に近いほど紫外線を吸収し、白に近いほど反射します。 遮熱塗料は光の反射による温度上昇低減をおこすため濃色は選べないのです。 熱交換塗料は熱エネルギーを運動エネルギーに変換し消熱をはかるため、色による反射率は関係ないのです。 そして色に左右されないということは、汚れようと埃がたまろうと熱に対して反応するので機能が低下しないのです。 この点が熱交換塗装の大きな優位性でしょう。

グリーン

グリーン

ライトグリーン

ライトグリーン

レンガ

レンガ

オーカー

オーカー

ブラウン

ブラウン

ブルー

ブルー

グレー

グレー

黒



施行の流れ

工事打ち合わせ

塗装工事で実際に行う作業(工法や工程、塗装色)について打ち合わせをいたします。
工事期間中の注意事項、工事代金のお支払いについてもご説明いたします。
お客様のご要望を何なりとお申しつけください。

現場確認・調査

ご近所様へご挨拶

塗装工事で実際に行う作業(工法や工程、塗装色)について打ち合わせをいたします。
施工を開始する前にはご近所への挨拶をしっかりさせて頂きます。

現場確認・調査


足場・養生シートの設置

足場を組み、実際に施工を開始致します。
工事用の足場と、塗料の飛散防止のための養生シートを設置し、いよいよ工事が始まります。

現場確認・調査

高圧洗浄

屋根や壁に付着した汚れ、錆、藻、劣化した塗膜等を高圧の水で洗浄し、落とします。
工事を綺麗に仕上げるためにとても大切な工程です。

現場確認・調査


下地調整

壁の継ぎ目やボルト部分等、下地の傷んだ箇所を補修します。工事の仕上がりやお住まいの寿命に関わる大事な工程です。

現場確認・調査

防食塗料塗装

洗浄、補修を経て、いよいよ熱交換塗料タフコートプラスで塗装いたします。

現場確認・調査


施工完了

お施主様立会のもと、工事箇所仕上がりの確認を行います。
必要な場合は、手直し工事を行います。

現場確認・調査

足場解体・ご近所様へご挨拶

塗装作業・仕上がり確認が終わりましたら、足場を解体します。現場周辺の清掃をし、ご近所様に工事終了のご挨拶をいたします。

現場確認・調査




ページトップ