ブログ

サイディング塗装 2色塗り 複色塗り 凹凸色分け

2017/2/26(日)

一般的なサイディング外壁の塗替えは、 単色塗装といって1色のみの塗装が多いのですが、
上の添付写真のように少し工事方法を工夫することでサイディングの凸と凹の色を塗り分ける事が可能です。
毛の短い短毛ローラーと呼ばれるローラーで凹部分に塗料が付かぬよう 優しく優しく赤子の肌を触るかのごとく優しく塗ってあげるです。

と、ここまで丁寧に気をつけて塗っても 凹部分に塗料が付着してしまうので、 付いた部分は後から細い筆などでタッチアップ修正します。  
  根気と手間のかかる作業ではありますが、 塗装後に仕上がった外壁を見て

「あぁこの洒落た外壁は俺が作ったのだな」 と

自分の手仕事に誇らしくなり疲れもぶっ飛ぶってもんです。
実際、塗装って刷毛塗りとかローラー塗りとか吹き付けとか色々な塗り方があるのだけれども、
その中で 自分の持つ経験と知識+クリエイティビティとイマジネーションを組み合わせることで様々な表情醸し出す塗装が可能になるのです。

だからね。 常に勉強して知識を蓄える姿勢とそれを使いこなす技術を身につけること。
そして応用を効かせたウルトラE難度の塗装を遂行するための妄想力と想像力を刺激し続ける事。
クリエイティビティやイマジネーションは先天的な能力ではなく、ほとんどが後天的能力であろう。

後天的能力を身につけるためにペンキ屋であれど、
本を読んだり
詩を作ったり
日記を書いたり
美や音を鑑賞したり
映画を見たり
恋をしたり
恋文を送ったり

様々な刺激を脳に与え続けなきゃならないと思う。
時には挫折や悲しみも必要だろう。

塗装とは人生そのものなのだ。

良い仕事師になるには良い人生を送る必要があるのだなぁ。

ブログ最新記事一覧



ブログ記事一覧へ



ページトップ