豆知識

大手メーカーと地元業者はどちらがいいの?

2018/3/9(金)

 

昔から地域に根付いて仕事を請け負っている小さな地元業者と、テレビでもよくコマーシャルを流しているハウスメーカーなどの大手メーカー。外壁塗装を依頼するなら、どちらを選べば良いのでしょうか?

 

やはりあちらに依頼をすればよかったと後悔することのないよう、それぞれのメリット・デメリットを把握し、自分に合った業者を選びましょう。

 

■大手メーカーのメリット・デメリット

メリット デメリット
●施行実績が多い

●保証制度が充実している

●倒産のリスクが低め

●料金が高い

●伝達事項が伝わりにくい

●担当者が頻繁に変わる

 

大手メーカーは規模が大きいため、外壁塗装を含む各種工事の施工実績が豊富です。

また企業イメージもあるので、保証制度が充実しているところが多いようです。規模が大きな分、倒産して保証が受けられなくなるリスクもそれほど高くありません。

 

ただし、実際の施工を手がけるのは下請けの業者です。

そして中間マージンや宣伝広告費が費用に含まれてしまうため、料金は割高だと考えましょう。

下請けや孫請けを利用している業者だと、伝達事項が現場に正確に伝わらず、トラブルが発生するケースもあるため、要望をどこに伝えるべきなのか、あらかじめ営業担当者に確認しておきましょう。

 

■地元業者のメリット・デメリット

メリット デメリット
●費用が安い

●伝達事項が伝わりやすい

●アフターフォローが迅速

●エリアに合った施工が可能

●業者の質がわかりにくい

●保証制度にバラつきがある

●倒産のリスクがやや高い

 

実際に施工を手がける地元業者に直接依頼すれば、中間マージンがかからないため費用面で有利になります。さらに営業から施工まで一社が出かけるため、伝達事項の伝え漏れもそれほど心配ありません。

地域の気候に合った施工は耐用年数が長くなりますし、不具合にも迅速に対応してもらいやすいという点もメリットです。

 

ただし、優良業者を見分けるのが困難なので、口コミなどを活用して事前に情報を集めましょう。一級塗装技能士など、塗装の資格を持っているスタッフが充実していると安心です。

 

ただ、地元業者であったとしても飛び込み営業の業者や不安をあおって契約を促す業者は避けた方が無難です。保証制度があいまいだったり、倒産して保証が受けられなくなったりするケースもあります。

 

■まとめ

施工費用や保証制度など、大手メーカーと地元業者にはさまざまな違いがあります。

 

ご自分が何を重視するかによって、外壁塗装の依頼先を見極めましょう。万が一、業者が倒産しても保証が受けられる制度に加入している業者もあるので、その点もチェックしておくことをおすすめします。

 


ページトップ