豆知識

外壁塗装の業者を選ぶ時のポイント  

2018/3/9(金)

 

建物を風雨や紫外線から守る外壁塗装。その仕上がりは、施工を手がける業者の腕によって大きく違ってきます。悪質な業者を選ぶと、手抜き工事や追加費用の請求などのトラブルが発生することも。

そのようなことのないよう、ポイントを押さえて業者を見極めましょう。

 

■外壁塗装業者の種類

外壁塗装を手がける業者には、主に次の3種類があります。

 

・ハウスメーカーなど大手業者

・リフォーム全般を手がける業者

・地元の外壁塗装専門店

 

ハウスメーカーに依頼すると実際の施工は下請けが行うため、中間マージンで施工費が高くなります。ただ、保証制度は充実していることが多く、技術面でも親会社のチェックが入るのであまり心配いりません。

 

リフォーム業者も同じく中間マージンが発生し、料金は高めになります。保証制度や技術面は会社の体質によって違ってくるので、しっかりと見積書をチェックしてください。口コミなどの情報集めも大切です。

 

上記の2つとは違い、地元の専門店は施工を自社で手掛けるため、中間マージンが発生しません。そのため料金はもっとも安くなり、施工技術も大手業者の下請けと変わりありません。専門業者に依頼をする際には地元で多くの実績がある、評判の良い業者を選びましょう。

 

■業者選びのチェックポイント

・資格の有無

・施工実績

・保証制度

・自社施工かどうか

・見積書の記載

 

外壁塗装にかかわる資格には「一級塗装技能士」「二級塗装技能士」があります。

資格がなくても塗装業自体は可能ですが、資格を持っていることで一定の技能と知識を持っていることが確認できます。

 

次に施工実績ですが、こちらはホームページで確認しましょう。

施工前後の写真や施主の写真が写っているなど、実際に施工したことがわかるものかを判断します。ここで施工料金が載っている業者は明朗価格なので安心です。

 

また、保証制度が充実していたとしても通常は会社が倒産すると保証が受けられません。できるだけ、万が一倒産した場合でも保証があるう制度に加入している業者を選びましょう。

 

前述した通り自社施工の業者は中間マージンが発生しないため、大手ハウスメーカーなどに比べ価格が抑えられます。悪徳な業者でトラブルにならないよう見積書に施工面積や塗装回数、塗料の品番など、必要な情報を明記している業者がおすすめです。

 

■業者探しの方法

業者探しの方法は、「知人の紹介」「インターネット検索」「一括見積もりサービス」などさまざま。

一括見積もりサービスも相見積もりをとる際には便利ですが、どうしても各社の情報は少なくなりがちですので、依頼する前には、各業者のホームページも個別に確認しておきましょう。

インターネット検索の利点はホームページがしっかりとチェックできることなので、お客様の声や代表者のプロフィールなどをみて、実際の施工実績や評判を確認してください。

 

■まとめ

業者選びは、外壁塗装成功への第一歩です。大切な自宅をまかせるのですから、信頼できる業者をしっかりと見極めましょう。

外壁塗装はトラブルの起きやすいリフォームのため保証を選ぶのか、料金を選ぶのかだけでなく、実績なども加味して選ぶことをおすすめします。

 


ページトップ